スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

阪神大震災,日本のHEROは神話・画面の外にもいるんだ!

P1080799.jpg

外国人に,普通の人は知らない、

現代の日本のヒーロー

ついて話した。12月初旬

それも、「フクシマの47士。」は

有名だから。

阪神大震災のヒーローの一部を。

なんでそんな話しになったかって?

それまで長いよ~。

でも貴方にも知って頂きたい。

日本のヒーローの一部だけでも。


編集長のジョージと

図書館にWi-Fiの為に行こうとすると

バッパー(僕らはテント住まいですが)で仲良くなった

イタリアンのマッテルとエマニュエルも付いて来ました。

イタリアンとカプチーノを飲もうと洒落を聞かそうとして

道端に座ってコーヒー飲んで煙草を吸っていたお兄さんに

『それどこで買ったの?』って聞いて行きました。

店に行くとさっきのお兄さんが入って来て、なんと店員さん。

たわいもない事を話して

『今日一番美味しいのを淹れてよ。』ってお願いしました。

その時の写真です。

そしてイタリアンとカプチーノP1080800.jpg


「柔道、空手、君の干支は?俺はタイガーだぜ!

凄いだろ?知ってるよ!」

「宮崎(スタジオジブリ)知ってるか?

紅の豚とルパン3世のカリオストロの城は

イタリアを舞台にして最高だぜ!

イタリア関係無くても、もののけ姫とハイジは最高だ!

それとドラゴンボール・ワンピース・ナルト、

日本人の発想はワンダフォーだぜ!」

彼らのアクセントはとてもキュートで

それもあって一層愛嬌があります。

正直、ドイツ人はドイツ語話してるにも関わらず、

英語に聞こえる時がありますが、

イタリア人は英語話していても

イタリア語で他の人間に話してるように聞こえて

無視してしまった事が何度か・・・。

とにかく可愛い!

YouTube
Itarianman who went to the Maltaで検索して下さい。

メルボルンでシェアメイトだった

香港人から教えて貰ったんですが

夜中にシェアルームのベッドで見たんですが、

同室に寝てる人達がいるにも関わらず

大笑いしてしまいました。

今度はイタリア人3人と見たのですが

この通りだぜ!」と

全員で大笑いでした。

洒落の分かる奴らだ。

ドイツ人と日本人は過去を背負って生きていますが、

ネットのジョークは本物で

「今度また戦争やる時も一緒にやろうぜ!

今度は勝とうぜ。」

明るい顔して言うんですもん。精神構造が違います。

だから海外生活は得るものがあります。

「アメリカ・イギリスには

アメリカ料理・イギリス料理なんてねぇ!

でもイタリア料理・日本料理はある。

俺達はイィ舌を持ってる。パスタ・スシなんて世界料理だ!」

なんて話をしました。

図書館にて

i-Phoneの充電器をマッテルに貸す為に

2人で車に取りに行ってる時に

やはり聞かれました。

フクシマ

僕は何時も同じように答えます。

日本には2つの原爆が落ちた。

でも、その後に枯葉剤を撒かれたベトナムのように

奇形児の問題は起きなかったし、

今も広島・長崎には人が住んでいる。

実際に当時、

「広島・長崎の人と結婚するな!」と

差別があったようだが、

今、彼らの生活は健康だし、

差別を繰り返してはいかない。

と説明すると、

実際彼らの心の内は分からないが、

納得してくれている。


ミクシーで過去に書いた日記からの引用ですが、何故今?

良かったら読んで欲しいです。

被災地で奮闘した人の一部を。



僕の警察官の友達が

大阪の警察学校で授業時間が余った時に、

H教官から聞いたお話。

20年近く前に阪神大震災が起きた。

当時、その教官は機動隊の所属、インフラが崩れていたが、

なんとか所属に着くと、

すぐさまバスで被災地に向かう事に。

当時ケータイ電話等は普及しおらず、

家族に被災地に行く事をつげられたのは、

2週間後。

まだ当時は独身の身でラッキーだったと。

現地に着くまでも道路が寸断されていたり、

ここが都市だったと、考えると愕然となった。
 
ポイントに着くと、救助作業にとりかかった。

救助作業も5日目を超えると、

ご遺体の発見比率が、圧倒的に高くなった・・・

正直いつ壊れるかも分からない建物を相手に、

命がけの作業がほとんど。

作業服は、作業中の軽い倒壊に、

何度もあっているため破れだらけ。

季節は真冬.

そこからの冷たい風が

体温を更に奪っていく。

ブーツは釘を何度も踏んで破傷風が心配。
P1080705.jpg

でも消毒液も避難所ようにと持って行かれた。

建物に入っているH隊員らに奥さんが外から

「生きてますか?」悲痛な声で何度も何度も尋ねる。

H隊員らはご遺体を前にしても

どうしても「死んでいます。」とは答えられずに

「ええ、大丈夫です」と答えてしまう。

この心理は現場の隊員にしか分からないようです。

そして、ご遺体を運び出すと案の定

「やっぱり、この嘘つきどもがぁ!」と言われ胸の辺りをどつかれる。

「悲惨な体験をしている被災者の

悲しみが和らぐなら

いくらでも殴られてやりたい。」と

本気で思ったらしいが、

そんな事で被災者の心の傷が和らぐ程

軽い物では無い。

それが一層やるせない。

そして、束の間の休憩。

重労働でも食料は当然に被災者優先。
 
水は2日分が500ミリのペットボトル1本のみ。

食事は一日分が、コンビニサイズのおにぎりが2人で5個。


故に栄養失調状態で任務中は気を張ってるから大丈夫でも

休憩中になると手足が

常に痙攣状態。
 
日が経つと顔面まで痙攣が・・・

夜も別の作業で一日平均睡眠2~3時間。

ズット仲良くやってきた隊員同士でも

極限状態が続き、ささいなトラブルが起きたりするが。

周りも制止する気力も無くなってくる。

寝る所は、バスの中?
 
とんでもない!燃料は

救出用の重機に使うから

エンジンはかけれない。

機動隊のバスは一般のとは違い、全て鉄板むき出し。

シートはビニールで

寒くて寝れたもんじゃない。

しかも、真冬に。

では、どこで寝たでしょうか?


 



正解は、バスの下で体寄せ合って。

「嘘やろ?」と言いたくなるけど

意外と暖かくホンマらしいです。

そして、2ヶ月後に、任務解除。

家に帰るなり母親に「臭い!」と言われた。

まぁ、一回も風呂入れて無いもんな。

風呂作ってたり

船の風呂を提供してた自衛隊ですらも

1回も風呂入って無かったのん可哀想やったな。

鏡の前で体を見ると痩せこけてる「トホホ」
 
とりあえず2ヶ月、

休み無しで働いたから2日休み貰ったらしいです。

でも1回も起きずに1日半寝たようです。
IMG_3145.jpg

 
そして、回想録を話し終えた教官が

「もし君達が同じような任務にあたる場合。

心からの思いやりを持って欲しい。

諸君、毎日警察学校に居て

毎日「家に帰りたい!!」と思っているだろう。

それは辛い訓練を乗り越える

希望」になっている。

でも被災者の方はその希望を失われた方も多い。

俺は2か月で終わったけど、被災者の方はそうやないし

被災した家族を置いて任務にあたった

警察官、自衛隊、消防、役所の人間もいる。

しかも当時は被災した自衛官は

自衛隊は戦争の道具や。」からって

被災地に中々入れなかった。

どれ程、

被災した自衛官は無念だっただろう。

そしてそのせいで

どれだけ助かった命が失われただろうか。

(阪神大震災の教訓のいくつかは

後に東日本大震災の

救助舞台の教訓に

生かされる事になる。)

諸君らの仕事は何よりも人の為に尽くす事や!

その事を常に、胸に刻み

警察官として、頑張るように。 以上。」

との言葉を思い出すらしい。

現場の自衛隊員、原発の作業員、警察官、官僚

地方自治体の職員、消防士、そして報道から漏れてる

「海上保安官」彼らの負担が増えて行く

そして何よりも被災者の方々

一日も早い
復旧ではなく
復興を願い。

日本がこれからも良い国でありますように。

そして犠牲者の方々に心からのご冥福を。
           

ランキングに参加しているので

良かったら応援して下さい。

クリック
↓  ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

確かに福島ってきかれますよね

どうも初コメです!濃いっすね・・・

確かにイタリア人たちは過去でもなく未来でもなく今ですね。ドイツもナチス時代はまず気にかけていますし、日本だって未だに中国にそれをネタにゆすられている・・・

海外の方がちゃんと原子力はなんぞや?っていうのを分かっているからこそ差別はあったんですよ、汚染された人と関わるな、なんていうのは。

現に3.11があったときは移民の外国人たちはこぞって海外に帰国しましたし、それはしょうがないとおもいます。

実際に3.11当時の首相 菅総理は「直ちに健康被害はない」と言いましたがまさにそのとおりです。

これから2.3世代においては影響が出るということを隠しつつ国民に動揺を与えないかつ、責任を自分がおう必要がない言葉を選んだんですね。

今後福島県の奇形児の出生率がどう変化するかがポイントでしょう。もし政府の落ち度が認められ他としても政府の関係者はほとんどこの世にいないですから。

でも深いです!!この記事!!

まだまだ読み足りないです。
拍手とポチで1位になーれ!!

失礼しました
カウンター
オーストラリア情報
僕の友人がホームページを作ってくれました。 貴方がオーストラリアで生活するなら必ず有益な情報を得られると思います。 下のリンクの快適オーストラリアワーキングホリデー留学体験記へ

大芝ゆうすけ

Author:大芝ゆうすけ
30歳にしてワーホリでオーストラリアに来ています。
ブロ友・リンクを募集していますので良かったらお願いします。

リンク お勧めブログ集
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
検索フォーム
勇者募集です。

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。