スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

我らが安倍総理へ、労働問題について。

湖畔

カナダやオーストラリアに居て思った事がある。

日本人は働き過ぎだ。

確かに勤勉である事は大切だ。

カナダやオーストラリア等と違い

天然資源も無い極東の島国で

焼け野原からここまでの経済大国になれたのは

勤勉だったからだ。

でも、日本人が働き者だからと言って

会社や政府はそれを利用し過ぎるのは良く無い。

憲法に勤労の義務は明記したままで勿論良い。

(勿論、権利も明記されている。)

でないと働けるのに、税金にぶら下がって

不当に生活保護を受け取る輩を正当化する事になる。

勿論、僕は先進国日本であるから

不幸にも保護を必要とする人には

必ず国家が救いの手を差し伸べるべきだと思う。

ただ、どこの国にも、それを悪用する人間いるので

対策が必要。

そんな輩はオーストラリアにもカナダにもいる。

でも、もし貴方が頑張ったのに

不幸にも働けないようになったのならば

誰かに手を差し伸べて欲しいですよね?

家族の負担を少なくして欲しいですよね。

僕の周りには生活保護が問題になったからと

いって「あんなのになんで俺等の税金やらなアカンねん。

廃止しろや。大阪市の税金の3割が生活費に使われるっておかしいやんけ!」

と言います。確かに正すべきは正されるべきですが

そんなに極端で良いのでしょうか??



さて話を元に戻しましょう。

雇用が無い人、非正規雇用の人が居て

非正規雇用の人の給料は残業代等は昨今では

キチンと支払われるように

なってきたようです。

日本の平均労働時間は米国の労働時間よりも

少なくなってしまったようです。

僕は一時、知識が今よりも不足していたので

「そらぁ、中国に抜かれるわ。

もっと働けよ。」と考えていました。

とんでもない。正規雇用の労働時間はむしろ

増えています。

世界に「カロウシ」という英語を

作ってしまいましたが

こんなのは日本の恥です。

人は8時間以上働くと

作業効率が飲酒しながら

働くのと変わらないのです。

しかも翌日の作業効率まで落ちる。

負のスパイラルだ。

そこで残業ゼロを目指す企業が

増えて来た。

そんな企業は大抵業績が伸びた。

しかし、人は古い習慣を捨てられず

新しい価値観を受け入れ辛い。

それが企業にもはびこっている。

それを政府はもっと是正すべきだ。

経団連の圧力を跳ね返せ!!

労働組合は共産主義的なイメージがあったので

昔は「無くしてしまえ」と思っていたが

僕は愚かだった。

ワタミに労働組合があったならば

死ななくて良い人がいただろう。

日教組だってイィ事をした。

産休制度や女性が結婚しても働ける制度

女性の昇進制度を牽引してきたのは

紛れも無い事実だ。

ただし、彼らの政治色は嫌いだ。

僕は税金を使った公立学校であれば

日本の恩恵を受けるのだから

在日外国人がいようが

教室に教育勅語か

それの現代版を掲げ、国旗も掲げ

朝の点呼前に国家を流して

その間は生徒は直立不動の姿勢を

とるべきだと思う。

さてはて、労働についても

日本がまた世界に新しい基準を作るんだ。

「世界は白人の物じゃない。」や

「頑張れば豊かな国になれる。

日本を見ろ!貧乏どころか焼け野原からでも

立ち上がった。頑張ろう。」と。

日本は世界に顔を出した。

だから日本には役目があるんだ。

日本が鎖国していた時代と

日本が世界に顔を出した後では

世界の基準がガラリと変わった。

まだまだ、神は日本を休ませてくれない。

安倍総理、家族関係が希薄になった今

有休消化を促す法案を作って頂くのは

大変有難い事です。

それでも、問題はありますが

修正をしていけばいくらでも良い物が出来るのが

我が国です。

カイゼン』ですね。

ですが、ホワイトカラーイグゼンプションには承諾を決して出来ません。

新しい働く形??

詐欺師みたいな法案を経団連に言われて通すのは

どうか止めて下さい。

一定以上の所得がある人??

医者や一定の所得がある人なら

お金を儲けているから死んでも家族が

路頭に迷わないからイィんですか??

高所得者だって人間です!!

そんなのは貧乏人から支持を得られるからといって

やってイィ事だとは思いません。

支持を得られるからといって

そんなポピュリズムにのるような人では

ありませんよね。

大体、支持するような人がいれば

愚かにも貴方もターゲットです。

「俺は所得が低いから」

高所得者からジリジリと所得制限を下げていく可能性が

往々にして予想出来ます。

国家・国民の為に止めて下さい。

総理の外交政策には多いに賛成です。

戦後から特に、中国が急成長してから

札束の威力に押されて

中国におもねるような国に成り下がった

この国の方向を変えてくれました。

そうです、僕らの国は権威やお金の威力に

媚びるような国ではないのです。

遣隋使の時代から19世紀まで

日本はアジアで唯一、

中国にまつろわぬ国なのです。
(SAPIO; 中西輝政; 京都大学名誉教授の言葉より。)

更に、世界のテロに対して

毅然としたメッセージを示しました。

国内の一部インテリ連中の批判に対しても

キチンと背を向けました。

「テロはやられる側が悪い。」「政府の政策によって

テロが起きれば政府の責任だ。」という、

日本社会で生じてきがちな言論は、

テロに加担するものであり、

そのような社会の脆弱な部分を刺激する事が

テロの目的そのものなのです。

中略、「特定の勢力の気分を害する政策をやれば

テロが起こるからやめろ。」という議論が

成り立つのなら、

民主主義も主権国家も成り立たない。

ただ剥き出しの暴力を行使する者の意が

通る社会になる。

(イスラム研究者; 池内恵; 東京大学准教授)

全くその通りだ。

以上の通り全く総理の外交政策には賛成です。

しかし、今一度、経団連の意見と

立場を少し話して下さい。

お願いします。

機械化は避けられない。

そして、

これだけ機械化が進む中で、

人を働かせ過ぎるのは、

どう考えてもおかしい。

日本がその解決策を

ロボット最先端国の責務として

解決して欲しい。

その為に国の頭脳を使って頂きたい。

国民、そして国家を動かす為の

税金を納めている労働者が

もっと働き易い国家にして下さいね。

安倍総理

これからも応援しています。


ランキングに参加しているので

良かったら応援して下さい。

クリック
↓  ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カウンター
オーストラリア情報
僕の友人がホームページを作ってくれました。 貴方がオーストラリアで生活するなら必ず有益な情報を得られると思います。 下のリンクの快適オーストラリアワーキングホリデー留学体験記へ

大芝ゆうすけ

Author:大芝ゆうすけ
30歳にしてワーホリでオーストラリアに来ています。
ブロ友・リンクを募集していますので良かったらお願いします。

リンク お勧めブログ集
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
検索フォーム
勇者募集です。

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。