スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「マッサン」に日本人の心を教えて貰います。

シャーロット・ケイト・フォックス

逆さに寝るコウモリ、最悪の悪夢は?

<真夜中の下痢>

マッサンを見て思った。

なんと心打たれるドラマだろうか?

特に、4〜6話、18話には

涙腺が弱った僕には辛かった。

日本人の僕なんかよりも

日本人らしい、エリー。

和尚様が

「自分らしくでイィ。」

そう、 動物もの、障害者、子供等を

扱った作品と同様

こんなに心まで美しい人が

日本人社会に溶け込もうとする様は

感動させられる王道だ。

NHK故に

歴史の判断が正しく無い。

「日本は男尊女卑の国だ。」等と

わざと日本を貶めて主人公を

盛りたてようとする節は

相変わらず。

前回の「花子とアン」でも

多少歪曲したとの

指摘がある。

第一当時の西洋は

まだまだ男尊女卑だった。

戦後の日本は確かに遅れた感はある。

だが、戦前の日本は参政権以外の

女性の地位は高いと欧米人が評価している。

参政権に関しても、

被選挙権を含む

女性の参政権の実現は

1894年のオーストラリア

南オーストラリア州が世界初である。

まず日本で普通選挙(男性のみ)が実現したのは、

1925年(大正14)に入ってからであった。

ほとんどの国が20世紀に入ってから

女性の参政権が認められた。

にしても日本人は

その血統を持たないのに

血統を持つ者より

その道を極めようとする者の

物語に弱い。

例えば、百姓出身の

新撰組の土方歳三や近藤勇に

強く心打たれるように。

エリー頑張れ!

そして、貴女は人妻ですが

恋しました。

ところで、

エリーとケイティー・ペリーって似てませんか?katy-perry-wallpaper.jpg



ランキングに参加しているので

良かったら応援して下さい。

クリック
↓  ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カウンター
オーストラリア情報
僕の友人がホームページを作ってくれました。 貴方がオーストラリアで生活するなら必ず有益な情報を得られると思います。 下のリンクの快適オーストラリアワーキングホリデー留学体験記へ

大芝ゆうすけ

Author:大芝ゆうすけ
30歳にしてワーホリでオーストラリアに来ています。
ブロ友・リンクを募集していますので良かったらお願いします。

リンク お勧めブログ集
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
検索フォーム
勇者募集です。

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。